×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

結婚式の女性の服装について

結婚式に限らず冠婚葬祭にはマナーが付き物です。特に初めて結婚式に招待されたときには、女性はどんな服装でいけばよいのかと何かと不安です。結婚式の女性の服装としてふさわしいものはどんなものかを簡単に紹介します。結婚式の服装は女性の方は注意すべき点がいくつかあります。・花嫁の色である白は避けること、小物の場合は大丈夫です。・喪の色である黒も避けるべき色なので、黒尽くめのファッションは避けてください。・和装の場合、既婚者は正装の留め袖、未婚女性は振袖が基本です。・露出は控えめにするように。教会などでは露骨に嫌がられます。・ある程度のドレスアップは認められるが、花嫁より目立つのはダメです。・靴は必ずつま先のあるものにして、ストッキングなどを穿くようにしましょう。厚底の靴やミュールは避けましょう。結婚式の女性の服装のマナーは、清楚・上品・清潔そして花嫁よりも控えめが基本です。

結婚式女性の服装ポイント

結婚式の女性の服装のポイントですが、黒一色のコーディネートは要注意して下さい。結婚式の服装で女性が黒一色でコーディネートすると喪服をイメージしてしまい、印象が悪いこともあるのです。
黒でもシルクやレースなど豪華に見えるものを選んだり、アクセサリーなどで華やかにして、結婚式の服装が喪服のようにならないようにしましょう。結婚式の女性の服装で黒のワンピースを着る場合はピンクやグリーンのショールをはおったり、ターコイズのバッグを持って、色をプラスするのもひとつです。結婚式の服装でも黒は無難だし、気品があるのでついつい着たくなってしまいますが、男性の礼服は基本的に黒。ご親族の留袖も黒。新婦の友人まで黒い服を着ていたら、結婚式の服装で披露宴会場は黒一色…。思いきって黒以外の色で花嫁よりも目立たない程度に披露宴会場に彩を添えると、とても喜ばれると思います。

結婚式二次会の服装

結婚式と披露宴には出席しないけど二次会には出席するという方も服装は悩みどころです。形式張らないパーティスタイルの結婚式二次会ですから、招待状に「平服でお越しください」と書かれていることもあります。平服とは普段着ではなく、礼服ではなくていいですよ。という意味です。結婚式の二次会は出会いの場でもあるのでしっかりとした女性の服装ファッションコーディネートが大切です。結婚式の二次会も手を抜かずに自分らしさを表現できる女性の服装選びをしてください。あんまり砕けすぎた服装は禁物。男性ならスーツにネクタイ、女性もワンピースやスーツなどが望ましいと思います。友人や若い世代が多いパーティですから少しカジュアルダウンしてもOKです。

Copyright © 2008 結婚式の服装の悩みなんて解決しちゃいましょう